誰もが憧れる住まい

以前に比べて、部屋の間取りやデザインに拘った住まいが増えています。これは、現代人のライフスタイルに合わせて、住まいの在り方もどんどん変化しているためでしょう。これは一戸建てに限った話ではなく、マンションに関しても同様です。最近では腕のよい建築家に依頼して、デザイナーズマンションを建築する不動産業者も多々あります。誰もが憧れる住まいに住めば、生活の質が上がることは間違いありません。

徹底比較!デザイナーズマンションと一般的なマンションの違い

デザイナーズマンションの特徴

デザイナーズマンションは、デザイナーがこだわって設計したマンションです。良くあるのが室内がコンクリート打ちっぱなしというテイストです。これはオシャレ感の演出だけではなく、遮音性にも優れています。また、贅を凝らしたバスルーム、友人とホームパーティーを開催できるような広々としたリビングやベランダなど、居住者の日々の生活を潤す演出が随所にみられます。

一般的なマンションの特徴

一般的なマンションの場合、定番の間取りに則ってデザインされています。また、基本的にどの部屋であってもデザインや間取りが大きく変わることがありません。生活動線をよくよく考えられているケースが多いので、普通に生活する分には不便を感じることはないでしょう。

料金を調べよう

男女

気になる物件が見つかった時に、真っ先に調べたいのが購入費用や契約費用です。購入するつもりであれば、どの程度の購入費用がかかるのかしっかりと確認しましょう。購入の際に必要な費用としては購入の際の頭金や申込証拠金、所得税などがあります。また、住宅ローンを組む際にはローン保証金も準備しておく必要があります。さらに購入する物件がマンションの場合には、共同での修繕積立金なども発生してきますので覚えておきましょう。一方、賃貸デザイナーズマンションの場合、居住の際には賃貸料と共に仲介手数料や敷金、礼金などが発生します。しかし、仲介料や敷金、礼金は契約時に発生するだけで、基本的に居住中は賃貸料と管理費の支払いのみとなります。まずは、お試しでデザイナーズマンションに住んでみたいという人には、賃貸契約がうってつけです。購入と賃貸、いずれの場合でも日々の生活を圧迫しないレベルの支払いに収まるように熟考を重ねましょう。

住居選びのポイント

デザイナーズマンションは巷に多数ありますが、評判の良い物件を探すなら、インターネットの口コミサイトをチェックしてみましょう。実際に居住している人の感想は住居選びの参考にしやすいです。しかし感性は人それぞれですので、すべての情報をうのみにするのではなく参考にする程度に留めておくのが無難です。実際に気になる物件が見つかった時には、内覧を早々に申し込みましょう。人気の高いデザイナーズマンションは空きがでても、すぐに埋まってしまうものです。賃貸物件契約は早い者勝ちといっても過言ではありませんので、気に入ったら話を早く進めるのが得策です。

内覧で住居を選ぼう

賃貸契約を結ぶデザイナーズマンションを内覧する時には、まず自分の譲れない設備が整っているのかを要チェックです。例えばゆったりと入浴するのが好きなのに、備え付けの浴室が狭かったら、他が素晴らしい設備でも興ざめしてしまいます。そのため、譲れない設備が高機能であるかをしっかりと確認しておきましょう。また、部屋からの眺望や日照量も調べるように心がけることも大切です。ベランダなどに出て、風通しや日当たりを肌で感じてみることが重要です。内覧に同伴している担当者に、部屋のアピールポイントなどを開設してもらうのも良いでしょう。

広告募集中